MyHomeplusタイトル マネーシミュレーション
ホーム家づくりの依頼先家づくりのマネー家づくりのプランニングハウス&プロダクトカタログマンション選択ガイドマイホームプラスおすすめ本
一言コメント
マイホームプラスクラブ

住宅資金はいくら用意できるの?

自分で用意できるお金、つまり自己資金と、住宅金融公庫や銀行などから借りる住宅ローンの2つの組合せが基本です。


◆住宅資金の基本を教えて!

go

・自己資金10%では足りない?
・金利1%の差が150万〜300万円の返済額の差に!?
・返済額の目安(年収の25%以下)は、年収によって上下するもの


◆自己資金はいくら用意できるの?

go

・融資に有利な積立
・贈与税の特例を利用する
・共有名義と親からの借金


◆住宅ローンの上手な借り方ってあるの?

go

・住宅ローンの返済方法
・住宅ローンの金利の種類
・住宅ローンの借入先の選び方


◆住宅ローンはいくら借りられるの?

go

・公的融資の借入限度額
・民間融資の借入限度額


◆住宅ローンの上手な返し方ってあるの?

go

・繰り上げ返済は期間短縮型が効果大
・返済条件の見直しも大切
・借り換えのメリットを検討しよう


公庫融資やフラット35(民間機関の公庫提携ローン)、銀行などの民間ローンを一覧表にまとめてみました。比較検討してみてください。


公庫に限らず、財形住宅などの公的融資は、いずれも借入限度額がとても分かりにくくなっています。そこで、借入限度額を簡単に算出できるソフトを用意しました。


借りやすいだけに、返済が心配な民間ローン。このソフトを使って、公的ローンと比較検討し、余裕のある返済計画を立ててください。





Copyright(C)2000-2012 X-Knowledge Co.,Ltd. All right reserved.